経済的なインクジェットのプリント

経済的なインクジェットのプリントの魅力とは

インクジェットプリントにかかる費用の相場

インクジェットプリントにかかる費用には、いくつかありますがまず本体を購入する際のイニシャルコスト、そしてその後印刷をするのに必要な消耗品にかかるランニングコストがあります。消耗品には主に用紙やインクトナーがあり、それらを安くすることで印刷にかかるコストを下げることが出来ます。インクジェットプリンターを購入する時の相場は、1万円を切るモデルから5万円程度の上位機種まで様々なタイプがありますが、2から3万円程度のモデルが売れています。パソコンとセットで購入する場合は1万円くらいで帰るモデルもあり、人気です。プリンターは家電量販店などで購入することが出来ますが、最安値で買いたい場合は価格比較サイトで金額を比較してからインターネット通販で買うと、お得に購入することが出来ます。

消耗品として用紙やインクトナー代が必要

インクジェットプリンターを購入してからかかってくるランニングコストには用紙代やインクトナー代などのランニングコストがあります。特にインクトナーは頻繁に印刷機能を使う場合安く購入しないと印刷代を高騰させることになりますので注意が必要です。一般的に、インクトナーは印刷機器メーカーで購入した時は純正品がセットされていますが、純正品を頻繁に購入しているとすぐに印刷機器本体の価格を上回ってしまうほど費用が掛かります。純正品のインクは非常に高精細なプリントが可能で、写真や文書をイロ座や蚊に印刷することが出来ますが、割引して販売されているショップはほとんどなく、割引率も低めの傾向にあります。インクトナーを安く購入するためには、メーカーの機種ごとに合わせて作られた社外品を販売している店で買う方法があります。社外品ですが、品質は高く非常に高精細な印刷も可能です。

社外品で印刷にかかるコストを削減

社外品のインクトナーを購入するためには、インターネット通販を利用すると好きな時に注文できて便利です。社外品のインクトナーは電気店などでも販売されていますが、多くの種類の中から評判の高いものを購入するなら、ネット通販が適しています。ネット通販で社外品のインクトナーを購入することで、プリントにかかる費用を驚くほど下げることが出来ます。一般的に、純正として販売されているインクトナーは全色セットで、5000円前後で販売されていますが、社外品を選ぶと1000円程度で購入することが出来ます。社外品で印刷したものを純正品の印刷物と比較してもほとんど差がないくらい高品質のインクトナーもたくさんありますので、多くの方が純正品のインクトナーから社外品のインクトナーに乗り換える傾向にあります。

ホームページからカタログ・サンプル請求をすることが可能です。 丈夫なダブルステッチ裁縫やすっきりまとまる三ツ巻裁縫など裁縫加工は様々です。 スクリーン印刷業40年の経験と技術により、看板に求められるカラー再現には自信があります。 効率第一の自社一貫制作なので、お急ぎの場合も短納期が可能です。 垂れ幕関係の価格表には、ロープ縫込みや袋縫い、ハトメ等の裁縫料が含まれております。 インクジェットでフルカラープリントを是非